おはようございます(ブダペストは深夜ですが)

いつも商品の告知のみしているFinoMartですが、当店でご案内するアイテムはどんな基準で、どんな視点でセレクトしているのか、ほか、諸々、思うままに綴りたいと思います。

ハンガリーの首都ブダペストからお届けしていますが、雑貨やインテリアグッズなども基本、ハンガリーで手に入るアイテムで、東欧を中心にヨーロッパ全土から、目利きをする日々です。

ヘレンドやジョルナイなどの陶器やアンティークのセレクトについては、提携しているアンティーク専門店のオーナー夫妻にお任せしています。

ブダペストのアンティーク専門店
ブダペストのアンティーク専門店

そのオーナー夫妻の奥様は、若い頃、モデルをしていて世界各地のショーにと飛び回っていた、とても魅力的な女性です。

今は三人のお子さんの素敵な、そしてたくましいママさんですが、彼女がアンティーク専門店をご主人と経営するのに至った経緯は、ファッションショーのモデル時代に、さまざまな国へ赴き、その度にその先々でのご当地でしか購入できない雑貨やアンティーク製品をコレクションしていたのが発端とのこと。

そんな彼女の旦那さまはハンガリーの元卓球チャンピオンであったお方。現在は卓球のコーチもされていますが、やはり奥様と同様、アンティーク製品が元々、お好きだったとのこと。

ご夫妻はお仕事でドバイに長くお住まいになられていた経験があり、ドバイに滞在中、世界中から数多くのブランド雑貨や希少価値の高いアンティーク製品など、まさにお宝のようなアイテムと日々、巡り合うことができたそうです。

奥様の彼女は特に、ドバイで数多くの中国の青磁や掛け軸、また、日本の江戸時代に作られた浮世絵や江戸切子、九谷焼や益子焼などの陶器までドバイでたくさんお目にかかることがあったとか。

世界に誇れる日本の伝統工芸品は、ハンガリーだけでなく中東の国々でも大変人気なようですね。

ご夫妻の話しが長くなってしまいましたね。。

そのご夫妻のお宅にお邪魔すると、ヘレンドやジョルナイのお宝が、

©FinoMagazin Herend のプレートとご夫妻のキッチン一角
©FinoMagazin Herend のプレートとご夫妻のキッチン一角

変な話、どこにでもあるため、目がチカチカします、眩しくて^ ^

©FinoMagazin Herend のプレートとご夫妻のキッチン一角
©FinoMagazin Herend のプレートとご夫妻のキッチン一角

 

最近、そのご夫妻のお店からセレクトしていただいたお宝アンティーク製品の商品アップが遅れているので、この投稿を書きながら、早くしなければと改めて思い直したところです。

Zsolnay Bonbonnier 9421/1/026
Zsolnay Bonbonnier 9421/1/026

ドイツのENSの美しいバラの陶器や、

photo by FInoMart/ドイツENS
photo by FInoMart/ドイツENS

ハンガリーのかなりレアな人形型の陶器などなど、来週にはアップしたいと思いますので、FinoMartのアンティーク、陶器ラインナップを、これからもどうぞお楽しみに♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)